” A real face diary ”

アクセスカウンタ

zoom RSS ハルナカップ第3戦

<<   作成日時 : 2008/05/31 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

もう1週間が過ぎてしまいましたが、反省も含めて経過と結果を思い出してみました。

5月23日(土)

日曜日の天気予報は「雨」。

なので、朝から雨レースに向けての準備を進める。

画像


このまま午後から雨が降るという事なので、ウェットまで走行はしないと決めていたのですが、UF"Uさんから
「明日、ドライになった時のために1本でいいから走行しておいた方が良いよ!結構ゴム載ってるから」と言われ、それじゃあと重い腰を上げ、ドライ路面を走行してみる。

んんん?なんだこの路面は。 ここ最近にはなかった程のベッタベタ路面です。

でも、自分にとってはそれほど嫌いなゴムの載り方ではなかったのですが、いつの間にこんな風に路面が変わってしまったのかが未だに謎です。。。(前週走行したときは路面のμが低く、レース前の平日の間だけでこんな路面になってしまったのか・・・。)全く持って謎です。

そうこうしているうちに、午後になると予報通り雨が降ってきてウェット路面になりました。
画像


正直言って、今回のレースは雨を予想していなかったので、レインタイヤも昨年使ったヤツしか持っていないので、練習はもっと古いアドバンで走行することに。

するとどうでしょう。数年前のアドバン・レインにも関わらず驚きのタイムが出てしまいました(笑)

なぜあんなタイムが出たのか、これまた謎ですが、きっとKOSMICが凄いのだろうと云うことで納得(爆)

ムフフ!明日のレースは雨がザーザー降って僕にとってはウハウハな展開かな?といつもの甘い考えで土曜日の走行が終了しました。




5月24日(日) レース当日

朝から雨は結構降っているモノの、予報では午後から雨が上がるとの不吉な情報。

周りでは雨を願う人と晴れを願う人が極端に別れるほど、微妙な天候の様です。


★公式練習(8分)

直前まで悩んだが、どうやってもタイムトライアルあたりからドライ路面になるだろうと予想し、タイムトライアルは晴れ用のギア比と車体セットに戻すことに。

雨はほとんど止んでいるが、まだ路面はウェット。 約15分後のタイムトライアルがドライタイヤで行けそうなら、公式練習は1周で切り上げて、スリックタイヤに交換する段取りでしたが、タイムトライアルまでには乾かないという判断から、そのまま練習を続ける。

やはりギアを小さくしてしまった事で、前日のような軽やかな走りが出来ず、ストレスが溜まる。

★タイムトライアル(5分)

位置取りは完璧。自分の走りに集中できたがセットは全く外れてしまい、予選9番手で終了。

★予選ヒート(10周)

この頃には雲の切れ間から晴れ間ものぞき、路面はドライに変わってしまいました。

雨レースを望んでいたのですが、気を取り直して完全なドライセットに変更し、準備も万端。
後は予選で少しでも順位を上げ、決勝につなげようと思っていました。

スタート後の1コーナー。僕の前のグリッドのカートが他のカートと接触し、目の前で横を向いてしまう。
そのカートは横を向いたことで急激な減速をし避けきれず、僕もそこに突っ込んでしまう。
(丁度EIKOさんのHPにこの瞬間の写真が掲載されていました・・・笑)

僕達クラッシュしたカートの左右を他の選手達が次々とすり抜けていくのを見送り、再スタートをしようと思った瞬間「ドーン!」と凄い衝撃が襲ってきた。 後方の選手が僕の右リアタイヤにぶつかり宙を飛んで1コーナー奥に消えていくのが見えました。

あの勢いで僕の背中にぶつかっていたらと思うと今でもゾッとします。

こんな出来事もあり、レース集団は既に3コーナーを回っています。早くレースに復帰しないと。。。

そう思い、再スタートをしようとしたが、なんか変な振動?いや。振動なんてもんじゃない動きが・・・。

げっ!!リアシャフトが尋常じゃないぐらい曲がってしまいました。。。

画像


まだ走行10回にも満たないシャフトだったのにぃ〜。
(抜いたシャフトを隊長に見せたところ「いらな〜い」とあっさり断られたので、僕も未練無く破棄することが出来ました・・・笑)

しかも僕達のクラッシュで4台がコース内に止まってしまった事で、赤旗が出て再スタートが行われることに。

よって僕の予選ヒートはリタイアではなく DNS です。

こんな理由から、自分が出ているはずのレースをスタートからコース脇で観戦することになってしまいました。
なんとも不思議な気分です(笑)

画像


やはりレースは外で見るより、中で走った方が楽しいッスね〜。

画像



★決勝シート(12周)

UF"Uさんにリアシャフトを借り、Jメカさんに頑張ってもらい、決勝までにカートは走行できる状態になりましたが、予選ヒートを走っていないので、路面状況が今ひとつ分からないので、昨日走行の感触と路面状況を見て、セットを少々変えて望みました。

最後尾スタート(本当は最後尾では無いのですが、最後尾スタートのカートが自分のポジションを守らずにスタートとなった為、実質は最後尾18番手スタートでした。。。)から、頑張って前を追うのですが、思ったように僕のペースも上がらず、前車を抜1台くのに1〜2周掛かってしまい、レースも残り2周となったあたりで、ようやくクラス4位を争う4台の集団に追いつきました。

ですが、その集団に仕掛ける程の余裕もなく、最終ラップ、最終コーナーでなんとか1台のカートをパスし、ゴール。

結果、総合10位・クラス7位という結果で第3戦が終わりました。





またまた今回も不甲斐ない結果に終わってしまいましたが、決勝レースが終わるまでの過程において、明るい兆しがあったり、最近苦手になっていた雨も次回に繋がる自身も持てたりと、収穫は多いレースウィークでした。

さあさあ、気持ちは第4戦に向いて盛り上がっています。

では最後に一言いわせていただきます。


『今度こそドシャ降りの雨レースにしてくださーい!!!』












そういえば・・・。

前日土曜日の練習中に隊長が不可解な怪しい行動を取ってたんです。その決定的写真を撮影することに成功しました。

画像


僕のカートの リ、リアシャフトに細工しているのか〜? はたまた呪いを掛けているのか〜?

そんな隊長はちゃっかり表彰台に乗ってました。 くそっ!やられたぁ!!(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハルナカップ第3戦  ” A real face diary ”/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる